嶋津格のページ

履歴書

名前:嶋津 格(しまづ いたる)

生年月日:1949131

emailhag00235@nifty.com

 

学歴

19673月 洛星高等学校(京都) 卒業

同年4月 東京大学文科Ⅰ類 に入学

19691月~12月 Seton Hall 大学(米国)留学(Political Science special studentとして)(この間、東京大学は休学)

196912月 東京大学復学

197010月 東京大学法学部第一類(私法コース)に進級

19733月 同上卒業(法学士となる)

同年4月 東京大学法学部第三類(政治学コース) に学士入学

19743月 同上卒業

19764月 東京大学大学院法学政治学研究科 に入学(法哲学専攻)

19793月 同上修了、法学修士となる

同年4月 同大学院博士後期課程に進学(法哲学専攻)

198212月 同上修了、法学博士となる

試験・資格等

197310月 司法試験合格

19799月 弁護士(千葉県弁護士会)(19878月海外研修のため退会)

職歴・研究歴

19744月 司法研修所修習生(19763月まで)

19844月 亜細亜大学専任講師(19873月まで)

19874月 同上助教授(19923月まで)

19879月 スタンフォード大学フーバー研究所(アメリカ合衆国)客員研究員(19888月まで)(ACLSのアメリカ研究フェローシップによる)

19924月 千葉大学教授(法経学部法学科)(20143月定年退官)

20174月 獨協大学特任教授(法学部総合政策学科)(現在にいたる)

教育歴および授業担当科目

大学院(於:千葉大学――社会文化科学研究科(博士課程)、社会科学研究科(修士課程)、人文社会科学研究科(博士前期および後期課程)において):社会秩序論、法哲学(演習、特殊講義を含む)、同(医学薬学府、修士・博士課程において):生命倫理学概論

学部専門科目:法哲学、法哲学演習、法思想史、法思想史演習、法社会学、外国語文献購読(英語)、法学特講(法と広義の経済学、現代社会における自由権の苦境――於:獨協大学)

学部普遍(教養)科目:法学、Theories of Justice(J-PAC:外国人学生向け英語授業)Defenses of Liberty(J-PAC)The Rule of Law in Japan(J-PAC)、基礎演習、社会科学概論1&2(於:獨協大学)

その他:先端技術と倫理(学部教養オムニバス授業)、高齢社会を生きる(学部教養オムニバス授業)、慶応大学大学院(文学部哲学科)、東京大学大学院(法科大学院)、専修大学(法科大学院)を含むいくつかの大学で非常勤講師

役職等(千葉大学内)

20014月 千葉大学大学院社会文化科学研究科長(20033月まで)

20044月 千葉大学法経学部法学科長(20063月まで)

20064月 千葉大学言語教育センター長

20094  千葉大学理事・副学長(組織担当)(20143月まで)

役職等(学外)

199811月 千葉県(教育委員会) 県立高等学校将来計画協議会 副座長(20001月まで)

20007月 千葉県(教育委員会)県立高等学校再編計画策定懇談会 座長(20019月まで)

198911月 日本法哲学会理事(201911月まで)

200511月 日本法哲学会理事長(200911月まで)

20006月 日本学術会議会員(20059月まで)

200712月 東京弁護士会懲戒委員会委員(201712月まで)

2004年度 研究拠点形成費補助金(21世紀COEプログラム)レフェリー

20082月 大学評価・学位授与機構 国立大学教育研究評価委員会専門委員(20086月まで)

20085月 大学評価・学位授与機構 法科大学院認証評価委員会専門委員(20104月まで)

20081月 日本学術振興会 グローバルCOEプログラム委員会専門委員(200911月まで)

所属学会

日本法哲学会、法と経済学会、日本法社会学会

Mont Pelerin Society(会員)、IVR(国際法哲学社会哲学学会連合)

 

研究業績

【英文】

Spontaneous Order and Peace, in S. Panou ed., Law and Peace, A.Sakkoulas (Publishers) - Athens 1986, (later, in Asia Univ. Law Review 21-2, pp. 1-5)

Who to Suffer from Misfortune, University of Hawai'i Law Review, vol.15, no.2, 1993, pp. 590-595

Legal Mind as Basic Faculty for the Citizens of Liberal States, Svein Eng ed., Proceedings of the 21st IVR World Congress, ARSP Beiheft Nr.97, 2005, Franz Steiner Verlag Part II: Law and Practice, pp. 55-60

The Individual and Collective Decisions: Concept of Law and Social Change, in Law and Justice in a Global Society, IVR 2005, Granada, anales de la catedra francisco suarez no.39, 2005, pp. 475-504

Captives of Ideas; Old and New, (2002年、ロンドンでのMont Pelerin Societygeneral Meeting で全体会報告を行い、配付論文集に収録された。それを改訂して) 千葉大学法学論集 194号、1661-14819)頁、2005

Conflicting Ideas of Equality, 2003年、千葉大学で開催した国際シンポジウム「Revival of the Public: Politics, Economy and Ethics」で報告の後、改訂して)嶋津格編『犯罪・修復・責任』千葉大学人文社会科学研究科研究プロジェクト報告書第185集、2010 pp.2-8

From the Viewpoint of Private Law; A Comment on Professor Tamanaha's Paper, in Kosuke Nasu ed., Insights about the Nature of Law from History; The 11th Kobe Lecture, 2014, Franz Sterner Verlag, Stuttgart, 2017, pp. 49-56

The Most Successful and Moralistic Merchant at the Dawn of Japanese Capitalism; Shibusawa and His Confucianism, in Christoph Lutge, Christoph Strosetzki eds, The Honorable Merchant - Between Modesty and Risk-Taking, -- Intercultural and Literary Aspects, Springer, 2019, pp. 191-198

Collective Freedom: From an Individualist Point of View, 獨協法学 第111号、237-243頁、2020

【日本語】

著書(単著)

・『自生的秩序』、木鐸社(B6判、総頁数320)1985

・『問いとしての<正しさ>』、NTT出版(B6判、総頁数365)2011

主要論文(上記『問いとしての<正しさ>』所収のものを除く)

・「所有権は何のためか」、法哲学年報199158-76頁、1992

・「進化論的契約論素描」、千葉大学法学論集8巻1・2号、121-145頁、1993

・「「開かれた社会」は開いているか」、長尾・河上編『開かれた社会の哲学』未來社、90-96頁、1994

・「不法行為法における「不運」の位置について」、棚瀬孝雄編『現代の不法行為法──法の理念と生活世界──』有斐閣、149-175頁、1994

・「経済学の洞察と法学──「法と経済学」を論ず──」、岩波講座『現代の法 15 現代法学の思想と方法』269-303頁、1997

・「検察官は”遠山の金さん”でいいのか」、This is 読売、19986月号、38-45

・「発見の論理と心理──ポパー理論の批判的検討に向けて──」ポパー哲学研究会編『批判的合理主義』未来社、156-172頁、2001

・「ハイエクと社会福祉」塩野谷他編『福祉の公共哲学』東大出版会、101-119頁、2004

・「国民への法学教育」ジュリストNo.126643-49頁、2004

・「規制緩和・民営化は何のためか」、ジュリストNo.13562008.5.1.15合併号、5-11頁、2008

・「治療と設計の間──家族論への挑戦──」家永登・上杉富之編・比較家族史学会監修『生殖革命と親・子──生殖技術と家族Ⅱ──』早稲田大学出版部、3-19頁、2008

・「実験動物の法的・倫理的位置と実験目的によるヒト由来物の利用」町野朔・雨宮浩共編『バイオバンク構想の法的・倫理的検討──その実践と人間の尊厳──』上智大学出版、41-59頁、2009

・「人間モデルにおける規範意識の位置──法学と経済学の間隙を埋める」宇佐見誠編著『法学と経済学のあいだ』勁草書房、45-61頁、2010

・「自由主義は反自由主義を包摂できるか──アヤーン vs. チャンドラン──」法の理論 No. 303-22頁、2011

・「外的根拠としての弱者保護は正義か──尊厳死法またはNatural Death Actをめぐって」石井徹哉編『現代共犯論の日独比較法研究』千葉大学人文社会科学研究科研究プロジェクト報告書、第258集、83-91頁、2013

・「明晰さの探求は成ったか――碧海先生の哲学世界とその外部――」書斎の窓 No.6328-11頁、2014

・「民事事件における事実の認定――「言語の内と外」各論として――」法哲学年報201371-88頁、2014

・「法の権威を立法の権威に解消することの愚かさについて」法哲学年報201423-32頁、2015

・「動物保護の法理を考える」法律時報2016883号、56-60

・「平等への妄執(obsession)を抉る――ロールズ論の好著2冊」法と哲学 第2号、147-170頁、2016

・「IT社会の規範的考察――知的財産法を中心に」Law & Technology 72号、32-40頁、2016

・「リスクと「安全・安心」」法の理論372019年、

・「実定法学と啓蒙」『法律時報』20199192019

・「無知の知をめぐる考察」批判的合理主義研究 Vol. 11, No. 2, 2019

編集した本

・『法の臨界・第2巻 秩序像の転換』東京大学出版会、1999年、(全3巻を共同編集、第2巻を責任編集、第2巻に「編者による概観」と「秩序の希少性について」(『問いとしての<正しさ>』所収)を執筆)

翻訳(単独)

R. ノージック『アナーキー・国家・ユートピア』木鐸社、1992年(上巻1984年、下巻1988年、を合本)

S. クレスゲ他編ハイエク著『ハイエク、ハイエクを語る』名古屋大学出版会、2000

C. リュトゲ『「競争」は社会の役に立つのか――競争の倫理入門』慶應義塾大学出版会、20208

翻訳(共訳、監訳)

・E.トーピッチュ著『認識と幻想』木鐸社、1982

・M.オークショット『政治における合理主義』勁草書房、1988年(「訳者解説」を含む)

  同『増補版 政治における合理主義』勁草書房、2013年(「増補版訳者解説」を含む)

B. グレッグ「法の不確実性とプラグマティックな法学の可能性」千葉大学法学論集 83号・4号、1994

・クカタス、ペティット『ロールズ:『正義論』とその批判者たち』勁草書房、1996

R. E. バーネット『自由の構造──正義・法の支配──』木鐸社、2000

F. A. ハイエク『哲学論集』春秋社、2010

J. ファインバーグ『倫理学と法学の架橋――ファインバーグ論文選』東信堂、2018

その他

・ Ashgate社の著書シリーズLaw, Ethics and Economicsについて、C.リュトゲ教授(ミュンヘン大学)と共同シリーズエディター(2012年までに6冊を出版)。