嶋津格のページ

このページでは主に、以前のHomePageにあった情報を再掲しています。

『問いとしての<正しさ>』(2011年、NTT出版、3200円+税)

この本は、出版時までに私が書いた、広い意味の法哲学の論文を収めた本で、千葉大学(学部&大学院)、中央大学(法科大学院)、専修大学(法科大学院)、獨協大学(法学部)などでも教科書として使ってきました。本になる前には、千葉大学や東京大学(法科大学院)などで、ここに収録した論文を学生諸君にdown loadしてもらって授業をしてきました。2021年にやっと初版が売り切れましたが、増刷に際して出版社の要望で、ISBNのつかない(つまり流通に乗らない)本として印刷されました。出版社に直接連絡すれば買えますが、その残部も100部を切っているそうです。私の予定では、ここに収録されている論文は、今年(2022年)の獨協大学秋学期の授業(法哲学)で残部が売り切れたら、その後はcreative commons としてネット上で一般公開しようかと考えています。この本の出版以後に書いた論文も本1冊分にはなると思いますが、それらをどうするかは考え中です。

『自生的秩序――ハイエクの法理論とその基礎』(1985年、木鐸社、3500円+税)

私の博士論文が本になったものです。とても古い本ですが、出版社の厚意でオンデマンド版として現在も買えます。ハイエクは、この本を書いた頃はあまり注目されておらず、私はほとんどの著書を英文で読みました。その後冷戦終結時には脚光をあび、春秋社から全集も出ましたが、また忘れられつつあるのかもしれません。この本は、経済学者というより社会理論家・哲学者としての側面に注目しているので、時事的な問題関心の推移による陳腐化からは一定程度独立していると私は感じます。

【翻訳】クリストフ・リュトゲ著『「競争」は社会の役に立つのか――競争の倫理入門』(2020年、慶應義塾大学出版会、2200円+税)

リュトゲ博士は私より20年若いですが、長年の友人で、ミュンヘン工科大学教授です。哲学・倫理学の出身ですが、ロボットなど工学に関わる倫理問題をテーマにする大規模な研究組織を創設してそのトップを務めるなど、現在大活躍中です。この本は彼が最初に書いた単行本で、ドイツの文脈の中で競争を擁護しています。日本では教育関係の雑誌でこの訳書の書評が出たりしています。確かに、教育に競争を持ち込むべきか排除すべきかは、教育学でも大きな論争点になるでしょうね。

【共監訳】『倫理学と法学の架橋――ファインバーグ論文選』(2018年、東信堂、6800円+税)

収録論文の翻訳に長年関わってこられた飯田亘之先生と共に監訳した、520頁余の大きな本です。千葉大学に院生などとして在籍したことのある文学・法学関係の多数の方々が訳者として名を連ねています。私にとっては、2014年に退職した後の時間の大半を訳書の最後の仕上げにかけることになった本です。実践的なテーマを含めて英米の倫理学の常識を形作ったともいえるファインバーグの論文を集めていますが、言語分析を中心的に含む英文の翻訳には苦労しました。

【監訳】春秋社ハイエク全集U- 4 『哲学論集』(2010年、定価4200円+税)

この本は、千葉大学の(当時の現または元)院生諸君がそれぞれの論文を担当して翻訳し、私が訳をかなり細かくチェックして完成させたものです。上記のようにハイエクは哲学者としてこそ重要です。それに関連する論文がいくつも入っている論文集です(複数の論文集から集めた論文を翻訳しているため、これに直接対応する原書はありません)。
少し前に春秋社に連絡したら、残りが4冊しかないと言われ、その4冊を購入しました。2022年4月現在Amazonを見てみたら、「\15,552 税込」と出ていました!

【共訳】チャンドラン・クカサス、フィリップ・ペティット著『ロールズ――『正義論』とその批判者たち』(1996年、勁草書房、3300円)

山田八千子さんとの共訳です。ロールズ後期のPolitical Liberalism出版前に原書が出版されていますが、同書の元になったいくつかの論文については、本書で言及しています。バランスの取れたロールズ論およびロールズをめぐる他の理論家たちの議論の解説だと思います。訳者解説を含む。

【翻訳】ロバート・ノージック『アナーキー・国家・ユートピア』(1992年、木鐸社、5500円+税)

ずいぶん以前に訳した本ですが、今でもリバタリアニズムを学ぶ上では不可欠の本です。最初は上巻(1984年)と下巻(1989年)として出版されましたが、1992年に合本して1冊になりました。はじめて手がけた翻訳でもあり、できるだけ英文の構造を変えずに訳したこともあって、手間もかかりましたが、類書に比べて誤訳などは少ないかなと思います(出版後発見したのは1カ所)。手元にある2016年刊の本には、第1版第13刷とあるので、私としては結構売れた本です。